ブログ

投球障害につながる下半身の動作|神戸・吹田・交野・富山で野球・ゴルフのトレーニングはお任せください。トレーナー派遣にも対応。

  • 0787428663
  • CONTACT
  • 受付時間:9:00~21:00

投球障害につながる下半身の動作

 

肩肘の投球障害につながる並進運動の際の膝の崩れ。

投球動作では、コッキング期からアクセレレーション期にかけて肩肘にかかる負担は大きくなります。

並進運動の際に膝が崩れ重心がコントロールできなくなると、腕の振り動作にも影響し、肩肘にかかる負担も更に大きくなります。

投球中の肩肘の負担を軽減するには、下半身の動きにも注目し、トレーニング・練習をする事も大切です。

効率の良い下半身の動きを身につけるために、股関節の動きや片足立ちの安定性などもしっかりトレーニグしましょう

 

(膝が崩れてしまって重心コントロールができていない動作)

並進運動の際に膝が安定できる為には股関節の回旋動作がしっかりできる事も大切です。

並進運動につながる股関節の回動作の動きもしっかりトレーニグしましょう。