ブログ

ラプソード(SPIN EFFCIENCY)スピン効率を上げるドリル その1|神戸・吹田・交野・富山で野球・ゴルフのトレーニングはお任せください。トレーナー派遣にも対応。

  • 08030305550
  • CONTACT
  • 受付時間:9:00~21:00

ラプソード(SPIN EFFCIENCY)スピン効率を上げるドリル その1

 

スピン効率を上げるドリル その1

膝立ち体幹連動スローイング

投球のスピン効率を高める為には、腕と体幹との動きの連動性はとても大切です。

腕、単体だけではなく体幹の回旋動作との動きのリズムを合わせて、投球する感覚を養う方法として、膝立ちスローイング

を紹介します。

①膝立ちで、良い姿勢を作り肘を伸ばした状態で腕をあげます。

②  背骨を中心に身体の回転動作で腕を後方に引きます。

その際、腕だけで引かないようにしっかり身体の動きと連動させます。

 

③ 腕を振る際には体の回転、腕の振りのタイミングをしっかり合わせて、ボールを投げます。

このドリルによって、身体でもボールをコントロールできる意識が加わることによって、回転効率をしっかり高めることに

つなげて行きます。