ブログ

ゴルフのアドレスについて(骨盤傾斜角)|神戸・吹田・交野・富山で野球・ゴルフのトレーニングはお任せください。トレーナー派遣にも対応。

  • 08030305550
  • CONTACT
  • 受付時間:9:00~21:00

ゴルフのアドレスについて(骨盤傾斜角)

 

ゴルフスイングの中でもボールの曲がり、打ち出し角などにも大きく影響してくるのは、アドレスの構え方です。

前傾角度は?

手と体の距離は?

クラブのライ角は?

スタンスの向き、肩の向きは?

など様々が関与し、いつも自分が打ちたいボールに対して正確に構えるのは難しい要素でもあります。

そこで今回は、体の動きの一つでもある、骨盤の前傾角度についてです。

人間の正しい姿勢を矢状面(横)から見ると、良い重心で立てていれば、骨盤の傾斜角は少し前に傾いています。

しかし、膝が少し曲がり、肩が前に出てしまっている(猫背)の姿勢では骨盤の傾斜角が逆に後ろに傾いてしまいます。

この姿勢でアドレスの姿勢に入ると、重心は踵より(後ろ)にかかってしまします。また、膝関節から曲げる動作が

優先になり、骨盤股関節の動きが出にくくなってしまいます。

良いバランスで、再現性の高いアドレスを作るには、正しい姿勢ポジションで筋肉を働かせる事はとても大切です。

いつもアドレスが思う様に構える事が難しいと思われている方は、自身の姿勢から見直す事も大切な練習方法の1つ

です。